プラントの施工管理とは?仕事内容とメリットデメリット


プラント施工管理の仕事内容と必要な資質

施工管理は一般的な建設現場でも必要で、工程管理や品質管理、原価管理や安全管理などがあります。プラントの施工管理では同様の仕事に加え、プラントの設計や保守の仕事もあります。そして、一般的な建設現場に比べて、より高いクオリティが必要になります。プラントは、食品や製薬、製鉄やセメントなどの産業系、化学工場や発電所などの化学系、浄水場や下水処理場などの環境系の設備を建設するため、大規模であるとともに、危険物や衛生管理が重視されるものも扱うからです。

プラント施工管理の仕事では、コミュニケーション能力が求められます。プラントの種類ごとに専門のエンジニアがおり、その人たちと綿密な打ち合わせや意識合わせが必要だからです。導入する機械や設備などもプラントの種類で異なるため、新しい知識や技術を吸収する姿勢が大切になります。

プラント施工管理の仕事のメリットデメリット

プラントの施工管理の仕事のメリットは、収入が良いことです。一般的な施工管理の仕事よりも、年収は高めに設定されていることが多いようです。また、社会的に重要な施設を建設することが多いため、やりがいを感じやすいことも、プラント施工管理の魅力です。プラント施工管理の仕事は多く、経験を積んだ優秀な人材は引く手あまたなので、仕事がなくなる危険性が低いのも利点です。一方、プラント施工管理の仕事では、一つのミスや手違いが、多額の損失につながることもあるため、プレッシャーが大きくなります。勤務時間が長くなることも多く、ライフワークバランスを保つのが難しいと感じる人も少なくありません。

プラントの施工管理は原価と工程と安全及び品質と環境の五つの管理に、従事する多くの作業員の安全確保が加わります。